健康診断での検査結果はわかりにくくないですか?その理解を助けるために詳しい情報を調べてみましたのでお役立てください!


ph

尿検査でphをみることで、どんな体の異常を発見することができるのでしょうか。基準値の範囲と、尿が酸性・アルカリ性を帯びる範囲で、体に及ぼす影響を調べてみました。

尿検査を自宅で手軽にできたらいいと思いませんか。これができるのが市販にあります。尿糖、尿たんぱく、尿潜血を調べることができます。その種類や用法、注意点など調べてみました。

結果

健康診断の結果表をご覧になって、見方に迷うことはありませんか。ここでは、尿検査で実施される項目について、値によりどんな病気が疑われるのか、その基準値、自分でできるチェックなどを含めて調べてみました。

潜血

尿検査の結果、潜血反応が陽性だったことありますか?体調不良でもなんでもないのに潜血反応が(+)。健康診断での潜血が陽性と出たのはなぜか、本当に病気が潜んでいる可能性は・・・など、調べてみました。

蛋白

尿検査は健康診断には付きものです。今まで何もトラブルはなかったのに、今回の検査で尿蛋白で陽性反応・・・などという方、不安ですよね。まず再検査です。でも自分の身体を守るためにも、尿に蛋白が混じるってどういうことか、基準値はどれくらいなのかなどを知っておくのは大切なことではないでしょうか。

健康診断の尿検査で、糖が陽性反応だったという場合、すぐに糖尿病が浮かんでくると思います。陽性だとすぐに糖尿病と診断されるのか、血糖値とは関係があるのか、生活改善の必要があるのかなどを調べてみました。

白血球

尿検査では、身体の一部の不調が検査結果の数値としてあらわれたりします。ふだん体調不良を感じていなくても、健康診断で、蛋白・潜血・糖・白血球などの陽性反応が出たという方、多くおられるのではないでしょうか。白血球が陽性の場合疑われる病気(細菌感染症・尿路結石)などについて調べてみました。

ウロビリ

尿検査をした結果、ウロビリが出ているため再検査を受けることになったということありませんか。陰性でも陽性でも再検査が必要となるウロビリノーゲンとは、通称ウロビリと呼ばれ、検査では肝機能の状態をみます。このウロビリノーゲンについて調べてみました。

ケトン体

尿検査でのケトン体検査は、いったいどんな意味を持っているのでしょうか。ケトン体とは、体の飢餓状態を表す数値とされ、体内の脂肪燃焼の際に発生する物質です。糖尿病検査の判定などに利用されます。糖尿病との関係を調べてみました。

溶連菌

溶連菌感染症は、子どもが罹りやすい細菌感染の病気です。合併症に急性糸球体腎炎という腎機能障害が起こりやすく、尿検査が重要です。溶連菌感染症との関係について調べてみました。

妊娠

妊娠したかもしれない・・・と思ったとき、尿検査をします。ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモン成分の有無を確認するためです。また妊娠が確定したあとも、つきものです。糖やタンパクの検査などで、妊娠中毒症とならないよう管理しているのです。


ページトップへ
Copyright © http://nyo-kensa.xrea.jp/ All Rights Reserved.