■…■…■…■…■
…■…■…■…■…

尿検査とケトン体

…■…■…■…■…
■…■…■…■…■
i-mobile
尿検査とケトン体のことを詳しく調べてみました!

アセトン・β‐ヒドロキシ酪酸・アセト酢酸を総称してケトン体と呼びます。

インスリンが不足すると、身体はブドウ糖をエネルギー源として利用できない飢餓状態になり、それを補うため脂肪をエネルギーとして利用しようとします。
このときに発生するのがケトン体です。

簡単に言うと、きちんと栄養を摂っていないか、もしくは摂った栄養がエネルギーとして利用されず、体から排出されているからのいずれかで、ケトン体が尿中に検出されるということです。

糖尿病患者が尿検査で、ケトン体検査が必要な理由

脂肪を燃焼するときに発生するケトン体は、強い酸性です。
この強い酸性によって血液PHが酸性に傾き、ケトーシス、これが進行してケトアシドーシスとなります。
こうなった場合は尿糖が陽性となり、身体に負荷がかかり危険です。

特に糖尿病疾患を抱えている方で特に1型糖尿病の方は、常に状態を知っておくことが大切だといわれます。


i-mobile
尿検査 > ケトン体
プライバシーポリシー
(C)尿検査